魚が届くよ~。

家でくつろいでいると、突然電話が鳴りました。
電話の主はうちの父です。
なんとな~く予想はついているのですが、一応要件を聞いてみたりなんかして。
「俺、明日魚釣りに行くからさ♪釣れたらやるから取りに来いよ。」

定年した途端、釣り三昧の父。
まぁ、今まで休みなく働いてたから、少しくらいはめをはずすのは仕方ないと思っています。
ですが、父は釣るだけで、魚は食べないのです。
むしろ嫌いな方で(笑)
釣るのは好きだから船で沖へ出て大量に釣るんですが、そのあとそれをどうする?っていう話らしく。
今まではご近所の方や知り合いにあげたりしていたそうなのですが、それも毎回毎回ではちょっと・・・ってなりますよね。

そこに越してきた私たち一家。
父が釣りをしている場所から車で1時間ほどなので、すぐ電話がかかってきます。
その時にいけないと、ご丁寧に送ってきてくれるのです。

が。
私も父と同じく、魚は苦手。
幸いにして私以外の家族は好きなので、なんとか調理して出すんですが、どう頑張っても食べきれる量ではないんです。
例えば、サバやアジなら20匹くらい送りつけてくるんですよ(汗)
無理でしょう。

だからいつもご近所に行商へと向かうのです。
これまた幸いに、大家族が多いので、喜んでもらってくれるんですよね。
それを父に伝えると、またさらに送りつけてくる量が増えました(笑)
行商に行く方は大変なのですが、魚自体はとても新鮮でおいしいので、おすそ分けしたお宅からはすごく感謝されるんです。
うちの父のファンまでいるくらいになっています。
どれだけ頻繁に送りつけてくるかが何となくわかっていただけるでしょうか。

そして今日もその電話です。
明日かぁ・・・仕方ない、先にもらってくれる人を探しておいて取りに行くことにします。
これも親孝行ですよね(笑)