カキとえび天と。

晩御飯のために殻つきの牡蠣をむくのに1時間もかかってしまいました。
やっぱり慣れないことは早く始めないとダメですね・・・。
もっと短時間でできると思っていたので、お米を洗うのも忘れていました。
幸い我が家は圧力鍋でご飯を炊いているので、少し固めには仕上がるけれど、ちゃんとおいしくご飯が炊けるんです♪

圧力鍋にお米と水をセットしてコンロへ。
その間に牡蠣を洗います。
本当は牡蠣は大根おろしでもみ洗いするといいらしいのですが、もうそこまでのパワーも残ってないので、普通に水で殻のかけらなどを洗い流し、最後だけ、レモンを少し絞ったお水で洗います。

洗い終わった牡蠣を調理に入ります!
半分はカキフライ用なので、できるだけ大粒のを取り分けます。
箸でやろうと思ったらすべるので、ここでも力尽き、今きれいに洗ったのに、また手を使って移動(笑)
これは明日、おいしいカキフライに変身していただきます。

そして残りの半分はゆでます。
水に塩と白だしを入れて沸騰させ、その中に牡蠣を放り込みます。
加熱用牡蠣なので、しっかり火を通してね。

それを鍋ごとテーブルに出し、ポン酢か甘めのお醤油でいただきます。
もうこれでいいだろ、今日の晩御飯。
そしてごはん。

・・・さすがにあんまりかな、とちょっと思ったので、こういうときにこそ常備してあるものを取り出します。
チンするだけのえび天と、山芋海苔巻。

牡蠣は好きだけど、えび天なども食べたい夫と娘。
そして、実は牡蠣が苦手だからこそ、えび天と山芋を食べたい私と息子。
ハードな奪い合いでしたが、とりあえずみんな大満足で終わりました。
牡蠣を腹いっぱい食べて、夫は苦しそうです。
メタボなお腹がさらにメタボに・・・あ、これは黙っておこう(笑)